診断時:43歳
インタビュー時:47歳

2001年に乳がんの診断。乳房切除術、化学療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

退院してから、いや、病院にいた時、すぐにタモキシフェンを処方されたわ。その後、更年期障害のあらゆる症状が現われたの。ものすごい量の汗が出たわ。化学療法を受けるとその症状はますます悪くなった。化学療法を受け始めてからの約2週間、夜中におそらく4、5回は目が覚めたわ。そして、バスルームに行ってただ横になるの。すると体中の汗が吹き出し始めるの。だけど、そんなことにも慣れなければならないのよ。今では大分慣れてきたけどね。笑わないで。今では顔をゆがめるほどではなくなったのよ。「おっ。また来たか。」って感じよ。必ず繰り返される日課みたいなものね。だから、うまく付き合っていくしかないと思ったの。目が覚めて汗をかいていたら、目を閉じたままただじっとして、リラックスするように努めるの。神経質にならないようにね。ほてりがおさまって落ち着いたら、また眠りに戻れるんだから。だからそんなに悪いものでもないのよ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧