※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー24

インタビュー時:43歳(2016年7月)疼痛期間:26年 診断名:頸椎ヘルニア、腰椎椎間板症、仙腸関節障害
甲信越在住の女性。幼少時から怪我が多く、8回程度の骨折経験をもつ。17歳時の交通事故で腰椎を圧迫骨折し3か月程度、ほぼ寝たきりの生活を送る。その事故以来、全身の不調や慢性的な痛みが続いていたが、極力、鎮痛剤は使用せずにすごしていた。2013年冬、日常生活に支障をきたすほどの強烈な痛みが出現し、様々な医療機関を受診したがよくならなかったため、自分で治すしかないと痛みの状態を日々、細かく観察し自分に合う方法を研究している。

詳しいプロフィールを見る

やっぱり人間は、あの、みんな老いていきますしね。その上で、あの、痛い思いとか必ず出てくると思うんですね。それが人よりも多かったり、長い間ある人生だなって。17歳のときからですから、もうほぼ、ほぼ、ずっと痛みととともに、うん、生きてきて、これからもそうだなとは思うんですけども。うん、その中でもね、できるだけのことをやっていこうと思いますし。うん。その強さだったり、思いやりだったりとか、何か培われたんじゃないかなとは思いますね。うん。

まあ、でも本当に波があってね、あの、弱いときもあれば、うん、本当にこう、うん、波がありますけど、それでも何度でも立ち直っていけるっていう強さは養われたんじゃないかなって。うん。何かいいこと、いいことって、うーん、まあ本当に痛みがなければないに越したことはないんですけど、もう受け入れるしかないんですね、本当に。こうなった以上はもう、あのときには戻らない。事故の前に戻らないとかね。もう過去はやっぱり変えられないですから。あの、もうそうなった以上は、もうそれを受け入れて、もう闘っていくのが、まあ自分の人生なんだろうなって、受け入れるだけですかね。うん。

ほかにも、ほかにね、例えば痛みはあるけど、例えば違う面では、ここはラッキーだし、こういうことはできたしとか、あの、うん、全てにおいてだめなわけじゃないっていうことを思って。うん。人生の中でね、あの、みんな、あの、みんなアンフェアですから。いいところもあれば何か悪いこともあり、そのうちの1つというふうに思うしかないかな。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(51) "「痛みの慢性化」をどう受け止めるか" ["slug"]=> string(13) "mansei-mukiau" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(25) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(27) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(51) "「痛みの慢性化」をどう受け止めるか" ["category_nicename"]=> string(13) "mansei-mukiau" ["category_parent"]=> int(25) } }
同じテーマの語りを見る