プロフィール

インタビュー31

インタビュー時年齢:60代(2015年4月)・男性
通年性アレルギー性鼻炎の治療薬の治験(第3相・プラセボ対照盲検試験)に参加。
首都圏在住。新薬の研究開発に携わった後、知り合いから治験を紹介され、被験者の立場を経験したいと治験に参加。概要を知っている薬剤の治験だったので、快諾した。治験に参加して金銭的なメリットも感じた一方、もっと詳しい情報と、実薬だったか、プラセボだったかは知らされてもよいのではないかとも思った。医師が過剰な負担なく治験ができるようになるとよいと思っている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

このインタビューに協力することをきっかけに、わたしに使われていたのはロイコトリエン拮抗剤ということは聞いていたので、医薬品医療機器総合機構のホームページにいって、新薬公開資料というところで調べてみました。

そしたら、基本的には、わたしが参加した時期に試験をして通った薬剤はなかったので、推測ですけれども、わたしが治験に参加した薬剤は、その試験がうまくいかなかったのかと思います。一応、第三相の、プラセボ二重盲検試験って聞いていましたから、その結果で、商品にならなかったのか、もしくは、別の理由で、承認されなかったのか、分かりませんけども。いずれにしても、今売られている薬には、なっていないことは確かでしたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(28) ["name"]=> string(21) "結果を知ること" ["slug"]=> string(5) "kekka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(28) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(6) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(28) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(21) "結果を知ること" ["category_nicename"]=> string(5) "kekka" ["category_parent"]=> int(6) } }
同じテーマの語りを見る