※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

インタビュー時年齢:50歳(2013年3月)
潰瘍性大腸炎の治療薬の治験(第2/3相・実薬対照試験)に参加。
首都圏在住。2010年に院内掲示板にあった潰瘍性大腸炎の治験の募集チラシを見て、主治医に参加を相談。既存の標準薬との比較試験だったこと、新薬がそれまで服用していた薬と似たような成分を含む薬だったこと、病状が寛解状態で安定していたことなどから参加を決意。治験薬の服用は8週間で、週1の血液検査に加え、日々の症状等を記録するノートをつけた。治験前後には内視鏡検査を受けた。

詳しいプロフィールを見る

―― ご自身が、その、治験に関われた治験薬が、今後どうなっていくかっていうことについては、その情報を知りたいなとか、そういう思いはありますか。

はい、それは、もちろんあります。せっかく、まあ、飲んでですね、まあ、効いたか、薬が効いたか効かなかったかというのは、ちょっと、よくわたしも分らないんですけども、まあ、せっかく、治験に参加しましたのでですね、やっぱり、その薬っていうのはですね、今、どうなっているのかっていうのをですね、できれば、そのコーディネーターの方とか、先生方、ちょっと主治医変わられたんで、今、お話しする機会がないんですけども、話は聞きたいとは思いましてですね。そういった意味では、それが、不満な点になるんでしょうか。はい。

―― 実際に、その聞かれたことはないんですか、どう、今、どういうふうになっているんですかっていうことを。

あ、はい、コーディネーターの方とかはですね、もう、ほとんど、ほとんどというか会わないんですね。で、主治医の先生が、もう1年前にちょっと代わられましたんで、そういった意味では、もう聞く機会が特にないですし。この間、その、先ほど申しましたようにですね、その薬が、フェーズ3の段階で止まっているという話を(偶然)聞きましたんで、まあ、ちょっと、まあ、(まだ終了していないようだし)聞いても致し方ないのかなということがありましたんで。今から、先生に聞いても、ちょっと、これからその(治験薬を)飲む機会というのがないんで、ちょっとどうしょうもないのかなというふうに思いますけども。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(28) ["name"]=> string(21) "結果を知ること" ["slug"]=> string(5) "kekka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(28) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(6) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(28) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(21) "結果を知ること" ["category_nicename"]=> string(5) "kekka" ["category_parent"]=> int(6) } }
同じテーマの語りを見る