※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

インタビュー時年齢:50歳(2013年3月)
潰瘍性大腸炎の治療薬の治験(第2/3相・実薬対照試験)に参加。
首都圏在住。2010年に院内掲示板にあった潰瘍性大腸炎の治験の募集チラシを見て、主治医に参加を相談。既存の標準薬との比較試験だったこと、新薬がそれまで服用していた薬と似たような成分を含む薬だったこと、病状が寛解状態で安定していたことなどから参加を決意。治験薬の服用は8週間で、週1の血液検査に加え、日々の症状等を記録するノートをつけた。治験前後には内視鏡検査を受けた。

詳しいプロフィールを見る

―― もう一度コーディネーターの方とか、主治医の先生とお話しされたときのことを思い出していただきたいんですけども、その説明の中で治験のいいところっていうのは、説明されたと思うんですが、その反対に悪いところ、こういうことがあるかもしれませんっていう説明もあったと思うんですけども。そのあたりは、覚えてらっしゃいますか。

悪いところっていうのは、どうなんでしょうか。多分、せっかくこういった治験に参加してくださるのに、その中にプラセボが含まれているっていうのが悪いところなんでしょうかね。特に、今回試された治験薬も、基本的には5_ASA製剤(5-アミノサリチル酸を成分とする薬)らしいんですね。ですので、その当時、今も飲んでいる潰瘍性大腸炎の薬と基本的に何ら成分は変わらなかったと思います。そのように記憶していますし、変わらないものだと今でも思っていますけれども。そういったものを服用しますんで、その5_ASA製剤を服用するにあたって、副作用とかそういったものも、特にわたしの場合はありませんでした。そういった意味では、例えプラセボ(のグループ)にあたったとして後悔はないというふうには思っていますし。そういった意味では、コーディネーターの方が、もし、不利な点というか、そういったもの(=治験に参加してあまりよくないこと)であげるのであれば…その薬の副作用とか、あるいはプラセボにあたっちゃった場合とか、そういったことを言われたと思います。副作用も説明はされましたけれども、そんなにその重篤な、全くの新薬というわけではないわけですから。確かあのときは欧米で試験されたときにも、かなりのその重篤な副作用があるということもなかったと思いますので。そういった意味では、ある程度、今飲んでいる薬の延長線上ということでですね、考えていましたので。そういった点では、違和感というんでしょうか、そういったものはなかったと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12133 (17) { ["term_id"]=> int(41) ["name"]=> string(63) "特有の仕組み(盲検、プラセボ、ランダム化)" ["slug"]=> string(6) "design" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(41) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(4) ["count"]=> int(11) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(41) ["category_count"]=> int(11) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(63) "特有の仕組み(盲検、プラセボ、ランダム化)" ["category_nicename"]=> string(6) "design" ["category_parent"]=> int(4) } }
同じテーマの語りを見る