※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

インタビュー時年齢:50歳(2013年3月)
潰瘍性大腸炎の治療薬の治験(第2/3相・実薬対照試験)に参加。

首都圏在住。2010年に院内掲示板にあった潰瘍性大腸炎の治験の募集チラシを見て、主治医に参加を相談。既存の標準薬との比較試験だったこと、新薬がそれまで服用していた薬と似たような成分を含む薬だったこと、病状が寛解状態で安定していたことなどから参加を決意。治験薬の服用は8週間で、週1の血液検査に加え、日々の症状等を記録するノートをつけた。治験前後には内視鏡検査を受けた。

詳しいプロフィールを見る

実際、患者会に入って、それから役員になって、できればこの病気のために何か苦労されてらっしゃる方があれば、その方の力になりたいなっていうこと、気持ちが沸き始めたときに、多分、そういったものがあったからこそ治験というものに参加したんじゃないかなと思います。もし、ただ単に、通院するだけということであれば、多分、治験に参加するということはなかったんじゃないかなっていうふうには思います。

患者会の役員になって、やっぱり、いろいろな人と話をする中で、中には軽症の人もいればかなり悪いっていう人もいます。手術を考えているっていう方もいらっしゃいます。手術っていうことは、わたし、やったことないし、わたしの場合は、再燃と寛解というものを繰り返していますんで。そういったことに悩んでらっしゃる方に対しての、自分なりの体験談とか、そういったことはお話をすることはできますけれども。それに対して、そうですね、今、考えるんであれば、わたしはこういったことをもうやりましたよっていうですね、あ、こういったことっていうのは、治験に参加したっていうことですけども、治験に参加して、こういったこともやりましたということをですね、言える、ツールの一つになるんでしょうか。そういったこともあったのかもしれませんですね。はい。

―― ご自身のためにっていう気持ちっていうのは、その中にあまりなかったんでしょうか。

はい、そうですね、そこも、多分、…えーと、今までの薬の延長(だったから参加したので)、多分、自分自身の(利益のために)っていうのはなかったんじゃないかと思います。なかったというか、それがですね、悪いときであれば、新しい薬が出たんだから、それを試してみようということで、自分自身のためにっていうのはあったと思うんですけども、多分、だから、そのときは、少なくとも、悪い状態じゃなかったと思うんで、多分、そこまでは、自分自身のために、これが治ればなあというふうに思わなかったと思いますね。そういう感じは、あまりなかったと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11091 (17) { ["term_id"]=> int(9) ["name"]=> string(18) "参加した理由" ["slug"]=> string(5) "sanka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(9) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(3) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(9) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "参加した理由" ["category_nicename"]=> string(5) "sanka" ["category_parent"]=> int(3) } }
同じテーマの語りを見る