※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー06

インタビュー時年齢:50歳(2013年3月)
潰瘍性大腸炎の治療薬の治験(第2/3相・実薬対照試験)に参加。

首都圏在住。2010年に院内掲示板にあった潰瘍性大腸炎の治験の募集チラシを見て、主治医に参加を相談。既存の標準薬との比較試験だったこと、新薬がそれまで服用していた薬と似たような成分を含む薬だったこと、病状が寛解状態で安定していたことなどから参加を決意。治験薬の服用は8週間で、週1の血液検査に加え、日々の症状等を記録するノートをつけた。治験前後には内視鏡検査を受けた。

詳しいプロフィールを見る

あのー、事前説明っていうのはですね、コーディネーターの方がされましたので、そういった意味では、その主治医の先生、まあ、たくさんの患者をかかえてらっしゃいますので、わたしだけに、その1時間も2時間もとるということじゃなくてですね。まあ、コーディネーターの方の説明を受けて、話を聞けましたので、そういった意味では、まあ、…どうなんでしょう。まあ、先生との、そのコミュニケーションということもあるんですけども……まあ、そのコーディネーターの方と話をしてから、その内容が、わたしにも合うということだったので、参加しましたんで。

―― えーと、コーディネーターの方の印象っていうのは、どんな感じだったんですか。

はい、えー、まあ、…今思っても、ごめんなさい、顔は思い出せませんので。まあ、通り一遍の話をされたんじゃないかなあというふうに思いますね。ですんで、そういった意味では、いい…感じも持たなかったし、悪い感じも持たなかったしということだったと思います。ですので、多分、その当時決めたのは、その先生とかコーディネーターとかじゃなくって、治験というものに興味が、まあ、どんなものだろうと思って、関心を持ってたことと、まあ、その治験の中味が、…まあ、わたしに、合っていたというかですね、まあ、特に、不安を感じさせるものではなかったということが、治験を受けたような理由だったと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11091 (17) { ["term_id"]=> int(44) ["name"]=> string(33) "医療従事者とのかかわり" ["slug"]=> string(10) "i-kakawari" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(44) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(5) ["count"]=> int(13) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(44) ["category_count"]=> int(13) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "医療従事者とのかかわり" ["category_nicename"]=> string(10) "i-kakawari" ["category_parent"]=> int(5) } }
同じテーマの語りを見る