※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー14

インタビュー時年齢: 79歳(2014年2月)/女性
慢性骨髄性白血病の経口薬(第3相試験/実薬対照)の治験に参加。
首都圏在住。慢性骨髄性白血病で当時飲んでいた薬でなかなか良い結果が出なかったところ、主治医から治験を紹介された。新薬と既存薬のランダム化比較試験だったので、新薬を服用するかもしれないことや、通院の負担など参加への迷いもあったが、息子の勧めもあり参加を決意。2008年から1年間参加した。

詳しいプロフィールを見る

―― 息子さんとかは、その当時(=治験の説明を受けたとき)の話とかは覚えてらっしゃるんですかね。

息子は覚えていると思います、はい。息子は歯科医ですから。一番最初、わたしが病気になって、その病気の説明を、総合病院の先生に「こういう病名です」って説明受けたときも、わたしは頭が真っ白になっちゃうわけですよ。白血病なんて思いもかけない。「えー、何でわたしが?」っていう、そういう思いがあってね。だから、分かったような分かんないような先生の説明(でした)。でも、帰りの車の中で「あんまりよく分かんなかった」って(息子に)言ったら、「うん、大体分かっているから、帰ってから説明するよ」なんてね。それで助かりました、はい。

―― 治験のときはいかがでした。

治験のときですか。ええ、治験のときも、その説明も2回して、一緒に息子が来てくれて。やっぱり自分で分かんなかったのを、帰ってきてから「ここが分かんなかったけど」なんて言うと説明してくれたんで、そういう点は、わたし安心だったと思います。
で、最終的にやっぱり迷いってたくさんありましたけど、背中を押してくれたのは息子です。「もう、やってみる価値があるから。もしも嫌だったらいつ止めてもいいって先生は言ってくださっているから、そしたら止めればいいじゃないか」と。「だから、お母さんやってみたら」っていうふうに一生懸命言ってくれたんで決心したわけです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12134 (17) { ["term_id"]=> int(33) ["name"]=> string(30) "周りの人とのかかわり" ["slug"]=> string(10) "m-kakawari" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(33) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(5) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(33) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "周りの人とのかかわり" ["category_nicename"]=> string(10) "m-kakawari" ["category_parent"]=> int(5) } }
同じテーマの語りを見る