インタビュー内容テキスト

ま、そんときにも、あの、長谷川式の検査をしたんですけども、まあ、えーと、検査値を1点か2点ぐらい、やっぱり下回ってたっていうことでしたね、うん。

―― 検査値っていうのは正常値ですか。

あ、正常値、正常値ですね。何、23点*でしたっけ。20何点が、あのー、以上が、まあ、認(知症)、じゃないっていうことにはなってると思うんですけども、それよりかやっぱり下回っちゃったっていうことだったんですね、その時点で…そうですね。で、そのとき、まあ、でも、まあ、その、大阪に私はそのときにいたんですけれども、やっぱりそれを知ってから1、2年ぐらいはもう結構、うん、悲しかったというか、やっぱり今までの母の、あのー、思い出があったので、もうそれがなくなってしまったっていうふうに、もう戻らないのかなっていう思いで、やっぱり、うーん、悲しい思いはありましたね、うん……うん。

*正確には21点以上が非認知症とされます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言