インタビュー内容テキスト

わたしは、何年も不整脈が、あってね、ちょっとそういうのが頻繁に出たことがありますね。やっぱり、心臓というか。

―― 治療か何かなさっていますか。

月に1回そっち行っていますけども。まあ、そんなに悪くはないけどね、やっぱり、くうっとなるとか、あーっとなったことあります。このまま逝っちゃうんじゃないかなと思ったこと、ありますけどね。

―― そういうときは、ショートとかに奥さまは入っていただいたりしたんですか。何とかご自分で看られたんですか。

自分で看たね。ショートもすごいお金がかかるんですよねえ。1日1万円以上かかるんですよ。大変ですよ。まあ、そりゃ、デイサービスも結構ね、かかるけども。ショートステイは何だかんだ…。いやあ、最後に、ショートステイ結構払ったもんね。うーん、大変ですよ。ま、経済的なもんもあるんで。そんなこと言っとれんけどね、やっぱり、経済的な部分大変ですね。

―― そういう、支援ももう少しあれですかね。経済的なサポートができるような…。介護保険使っただけでは。

うーん、駄目だ。

―― 間に合わないですもんね。

うーん、だから、それは、まあ、何ちいうかな、あの人たちはあの人たちで、やっぱり、経営していかないかんからね、だから、運営していかないかんから、ねえ。だから、ほんとに、公的な、ま、公的なものを施設がどんどんね。今もういろいろ○○(住んでいる地域の名前)でも、(民間施設は)どんどんどんどんできてきているけど。大体、15万から20万ぐらいですからね。そんなん、やはり、やっていけない、よっぽどお金持ちじゃないと。

―― そうですよね。

普通の年金生活だと大変ですよね。だから、そういう施設ができるけども、こう、もっと、市っていうか、公的な安いのをどんどん作らんと、ねえ、ええ。それこそ、お金ない人は、老後は、ね、大変ですよね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言