診断時:67歳
インタビュー時:74歳(2008年12月)
首都圏在住。結核、肺がん、胃がんの経験あり。60歳から頻尿があったが、夜のトイレの回数が増えたので、がんセンター受診。2000年2月PSA値6.38で1年経過を見て、2001年3月に生検で前立腺がんが確定して手術を予約。その後HIFU(高密度焦点式超音波療法)を知り、9月に転院して治療を受けた。翌年1月PSA値が再上昇したため、2度目のHIFUを実施。その後はPSA値も安定していてQOLも良好。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

K.Uさんは幼い頃から病弱で、15歳のときには結核で療養所に入り、死を身近に感じながら育ってきた。57歳の時に肺がんが見つかり肺の5分の1(右上葉)を切除。その2年後くらいから頻尿になったが、前立腺肥大という診断で9年間様子を見ていた。一晩にトイレに行く回数が6回くらいになったため、2000年2月、肺がんでかかったがんセンターを受診。その時はPSA値が6.38で、さらに1年経過観察をしたが、さらに値が上昇したため、2001年5月に生検をした。前立腺の内部にとどまっているがんだということがわかり、前立腺全摘手術を勧められ、予約も入れてホルモン療法を開始した。

同じ頃たまたま新聞でHIFU(高密度焦点式超音波療法)を知った。出血がなく、男性機能障害が小さく、入院日数も少なく、再施術も可能といったメリットがある一方、当時はまだ実績が少なく(K.Uさんが受けたときにはその病院で42例目だった)、再発の可能性があるといったデメリットもあり、それらを天秤にかけて迷っていたが、息子が「説明だけでも聞いてみたら」と後押しをしてくれた。資料をもらいに行ったがんセンターでは「再発するぞ、死んでもいいなら行きなさい」と言われたが、モルモットになるつもりで、HIFUを実施している大学病院を受診。2001年9月にHIFUを受けた。

退院後間もなく尿閉となり、病院が遠かったため処置を受けるまで非常に苦しい思いをしたが、その後はカテーテルで導尿するようになって順調に回復。PSA値も一旦下がったが、翌年1月に再び上昇に転じ、生検をしたところ、まだがんが残っているということで、3月に2度目のHIFUを受けた。現在はPSA値も1.3くらいで安定しており、多少の頻尿はあるものの、前立腺がんに関しては特に問題はない。ただ、2002年に胃がんが見つかり、胃を半分近く切除。その後再発したが、そのときは内視鏡で手術ができた。

がんというとすぐ死をイメージして怖がる人が多いが、K.Uさんは糖尿病や心臓病と同じだと思っている。車を運転している人も実際は余命が1時間しかないかもしれないのに、がんだけ不治の病と特別扱いするのはおかしい。もちろん死は怖いし、残される家族のことも心配だが、もうじき75になることだし、いずれは皆土に返ると思えば、そろそろ覚悟を決めてもいいという感じがしている。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言