プロフィール

インタビュー40

診断時:67歳
インタビュー時:74歳(2008年12月)
首都圏在住。結核、肺がん、胃がんの経験あり。60歳から頻尿があったが、夜のトイレの回数が増えたので、がんセンター受診。2000年2月PSA値6.38で1年経過を見て、2001年3月に生検で前立腺がんが確定して手術を予約。その後HIFU(高密度焦点式超音波療法)を知り、9月に転院して治療を受けた。翌年1月PSA値が再上昇したため、2度目のHIFUを実施。その後はPSA値も安定していてQOLも良好。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

そのうちに、もうだいぶ良くなってきたんで抜いてもらった。それから、自己導尿用にバルーンの付いてない、普通の、ビニールの管、ストローと同じ。ストローの長いのですよね。それを3、4本もらってきた。それで、自分で、尿意を催すたびに差し込む。ちょっと痛いけどね。外出するときは早めに、駅のトイレに走り込んで。手慣れてくるとね、大便所に入らなくても、立ちながら、やりました。隣の人は何をやってんだっていうような顔してのぞき込んでいたけど。

――それは、その、だいぶ長い期間やったわけですか。そうでもなくて、割と1日、2日とかいうことですか。

いや、もっと長かった。1ヵ月ぐらいかなあ。
で、カテーテルを外しても、だんだん詰まってくるんですよね。尿路が狭くなっているというとき、鉄の棒を尿道に、入れるんですよ。それが痛いです。ちょっと、鉄の棒の先に麻酔かけますけど、最初細い棒をスッと入れて、次にもうちょっと太いのが入って(笑)、最後に小指ぐらいの太いのを入れて、そのときは痛かったです。

――その痛いのは、何回ぐらいなさったんですか。

そうだね。4ヶ月に1回ぐらい。2度か、3度ありますね。そういうふうにして、広げると、ある程度筋肉が広がるんでしょうね、だから、人間の肉なんて伸縮自在ですからね。例えば、アフリカの女の成人がこう、こうやって、金属で広げてますね、ああすると広がるのと同じで、狭くなって来たらまた金属を入れて広げる。で、もう最近はそんなことはしませんけどね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(83) ["name"]=> string(19) "HIFUと冷凍療法" ["slug"]=> string(4) "hifu" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(83) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "9" ["cat_ID"]=> int(83) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(19) "HIFUと冷凍療法" ["category_nicename"]=> string(4) "hifu" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る