プロフィール

インタビュー40

診断時:67歳
インタビュー時:74歳(2008年12月)
首都圏在住。結核、肺がん、胃がんの経験あり。60歳から頻尿があったが、夜のトイレの回数が増えたので、がんセンター受診。2000年2月PSA値6.38で1年経過を見て、2001年3月に生検で前立腺がんが確定して手術を予約。その後HIFU(高密度焦点式超音波療法)を知り、9月に転院して治療を受けた。翌年1月PSA値が再上昇したため、2度目のHIFUを実施。その後はPSA値も安定していてQOLも良好。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

たまたま、勤め先のごみ箱から、『赤旗』新聞を拾って、見たんですよ。そしたら超音波治療、HIFU(エイチアイエフユー)っていう治療方法があって、この大学で、こういう治療をやっていますよと紹介してた。その治療は、出血もないし、失敗しても2度でも3度でもね、やり直しができるということで。それで、普通の手術は出血が多いんだそうですよ。それで、がんセンターでは「あなたの血を2,000CC先に採っておきますから」って言われたんだけど。赤旗の新聞にはね、出血がないというから、これはいいやと思ってね。
で、大学病院は遠いんで、どうしようと悩んでいたんですけど、もう1日、1日、予約した手術の日に近づいていたんですけどね。息子が、「相談するだけ相談してみたらどうか」ってね、背中を押してくれたんで。翌日大学病院へ行って相談したら、「いらっしゃい」って言うんですね。「できれば、資料をもらってらっしゃい」って。それで、元の病院へ行って資料をいただいて、持って行った。それでまあ順調に手術もして、PSAは下がったんですけどね。半年ぐらいで、いったん下がったPSAがまた上がってきてるんですね。それで、また生検をやったら、残っているということで、二度、HIFUをやったんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12180 (17) { ["term_id"]=> int(83) ["name"]=> string(19) "HIFUと冷凍療法" ["slug"]=> string(4) "hifu" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(83) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "9" ["cat_ID"]=> int(83) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(19) "HIFUと冷凍療法" ["category_nicename"]=> string(4) "hifu" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る