※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー13

診断時:77歳
インタビュー時:84歳(2008年6月)
平成13年に診断を受け、同年ホルモン療法を開始。外来通院で、最初は注射と服薬だったが、現在は服薬(カソデックス)のみになっている。若いころから身体に不調を感じることが多かったため、東洋医学を学んだ経験がある。その経験をもとに、自分なりに様々な工夫をし、主治医にその結果や自分の意思を伝え、相談しながら治療を進めている。北関東地方在住で、妻と二人暮らし。老人会の会長職を務めている。

詳しいプロフィールを見る

んで、どうするかということになったんですが、私は「とにかく出来るんであれば、すぐ手術をして取っちまいたい」と言ったんです。そしたら先生がね、「いやー、この年でね、手術も100%じゃないから。もしも不十分だったら、あとね、結構大変だよ」って言うわけ。だから大事を取ってね、手術をしないでやっていったほうがいいだろうということで。で、手術をしないで治療するということになった。で、さっき言ったね、注射と錠剤の服用を続けるということで、きっちりした病人生活がね、そんときから始まったわけなんです。
えーと、そのときはまだね、手術に伴うプラスとマイナス、マイナスの部分の理解がまだ十分じゃなかったので、なんで本人がやりたいって言うのにね、やってくんねえんだろうという気分はちょっと、強くありましたね、うん。んで、だんだんね、いろいろ勉強していくうちに、あー、これは手術は、なかなか実際は大変なんだと。で、特にそのあとね、私の割とすぐあとなんですよ。天皇さんが同じ病気に。大変な人が仲間になってくれたと思ってね、ええ。こう強い関心を持ってね、あそこでは最高の医療スタッフと技術でね、どういうふうに捌(さば)くんだろうと思ってね。しかし必ずしも、あれですね、満点っていうか、理想通りではなかったのかなというふうに見えますね。また、1回で解決しなくて、報道によるとね。じゃあ、おれと同じように今はカソテックスでも飲んでんのかなあ? と思ったりして。まあそういうのを見たら、またね、ああ(手術を)やんなかったのも、やっぱり1つの見識なんだなあというふうに今は思えていますね。ただそのときは、まあ何となく、煩わしいもの、面倒くさいものは、どんどん処理しちゃったほうがいいという、こう…せっかちなとこがあったもんですからね、そういう気持ちはありましたね。取ってくれればいいなと。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(73) ["name"]=> string(33) "治療法の選択・意志決定" ["slug"]=> string(10) "ishikettei" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(73) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(73) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "治療法の選択・意志決定" ["category_nicename"]=> string(10) "ishikettei" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る