※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー13

診断時:77歳
インタビュー時:84歳(2008年6月)
平成13年に診断を受け、同年ホルモン療法を開始。外来通院で、最初は注射と服薬だったが、現在は服薬(カソデックス)のみになっている。若いころから身体に不調を感じることが多かったため、東洋医学を学んだ経験がある。その経験をもとに、自分なりに様々な工夫をし、主治医にその結果や自分の意思を伝え、相談しながら治療を進めている。北関東地方在住で、妻と二人暮らし。老人会の会長職を務めている。

詳しいプロフィールを見る

だから私の年金では、がんのあり方いかんではね、惨憺たるものになると思いましたね、私の生活は。あの、薬、今は錠剤にしたけど、あれ、1粒約400円だからね、そうすると4×3=12、1万2千円、そうするとね、あーこれはなかなかね…と思いましたね。うん。結構またかかるんですね。他にもその結構あちこちと、ある、出てくるんですよね。
だからその一番恐ろしいっつうのはそれですね。際限なくこれが、かかるようになったら大変だなと。だから転移って言ったときも一番おっかねえのはそれなんですよね。転移して処方、何やんなきゃいけない、かにやんなきゃいけないなんていったときにね、うーん、今のおれの経済力で、太刀打ちできるのかなあーと、その不安は絶えずね、どこで誰も今んところ診てくれるっていうのは、言ってないからね。まあ、一番大きな、そうだね、安心して病気になれないっていうのは。うん。
相当のんびり屋で、これからも、今までもそうだったし、これからもそれで押し通そうと思ってるのが、おい、どっこい、そうはいかないぞってね。大手を広げてね、待ったをかけられそうな気もするなと思うと。まあ悪いほうへ考える、その、それがトップですね。うん。現実味を帯びた、その不安というのは。特に今度のように足腰がぐっと痛くなると、あれっ?と長引くとね、これはお医者さんがそろそろだって言ってたけど、本当にそろそろになっちゃうのかなあと思って。うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(89) ["name"]=> string(15) "経済的負担" ["slug"]=> string(6) "keizai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(89) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(89) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "経済的負担" ["category_nicename"]=> string(6) "keizai" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る