※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー13

診断時:77歳
インタビュー時:84歳(2008年6月)
平成13年に診断を受け、同年ホルモン療法を開始。外来通院で、最初は注射と服薬だったが、現在は服薬(カソデックス)のみになっている。若いころから身体に不調を感じることが多かったため、東洋医学を学んだ経験がある。その経験をもとに、自分なりに様々な工夫をし、主治医にその結果や自分の意思を伝え、相談しながら治療を進めている。北関東地方在住で、妻と二人暮らし。老人会の会長職を務めている。

詳しいプロフィールを見る

あんまり格別の感慨はなかったですね、うん。まあ、どういうわけだか、性格的なものがあるんでしょうが、そういうのもあるし。それから昔、軍隊にもね、いたことがあるんで。1年間でしたけどね、行って来て。初年兵で…一番苦労の濃いところを体験してきたので。まあ自分の人生で84年生きてきて、あの軍隊の1年より辛い思いをしたことはないですね。随分終戦前後もひどかったけど。だからそういうのもなんかね、尺度になっていて、あまりがんになったからってね、驚きもしなかった。そんでね、症候的にも前立腺がんっていうのはあまり驚かなくてもいい。だいたい老人が(なる)、病気も緩慢に進むような、というようなね、一般的なあれがありますよね。だもんだから、そういう知識もあって、あまり驚かなかったです。まあ「いい友だちが来たんだから、適当に付き合っていこうや」っていうような気持ちで。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(71) ["name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["slug"]=> string(7) "shindan" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(71) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(23) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(71) ["category_count"]=> int(23) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["category_nicename"]=> string(7) "shindan" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る