※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー05

診断時:70歳
インタビュー時:76歳(2008年5月)
首都圏在住。2002年2月、血尿が出たため、がん専門病院を受診したところ、PSA値は300を超えており、グリーソン・スコア9という進行がんと診断された。放射線療法とホルモン療法の併用を勧められたが、強く希望してホルモン療法のみで様子を見ることになった。経過が良かったので2007年は1年間ホルモン注射も休止したが、その後PSA値の上昇が見られたため、2008年4月からホルモン注射を再開した。

詳しいプロフィールを見る

まあ組織診断の結果、前立腺がんであること、それも大分進んだがんだと。ひとつは場所的な意味もあるし、がんの進行度もあるし、手術は…まあできませんと。で、放射線治療、化学療法、この2本立てで行きたいと。そして、3~4カ月、半年の経緯を見てもう一回、手術の是非、治療方針その他を決めたいというふうな説明をドクターから受けました。私の選択は、薬だけでやっていただきたいと。放射線は、あまり受けたくないというか、ホルモン療法だけでと。先生も私のその申し入れには、大分抵抗を感じられたようでしたけど、最終的には私の希望どおりでやってみましょうということで、治療が早速始まりました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(73) ["name"]=> string(33) "治療法の選択・意志決定" ["slug"]=> string(10) "ishikettei" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(73) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(73) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "治療法の選択・意志決定" ["category_nicename"]=> string(10) "ishikettei" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る