※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー05

診断時:70歳
インタビュー時:76歳(2008年5月)
首都圏在住。2002年2月、血尿が出たため、がん専門病院を受診したところ、PSA値は300を超えており、グリーソン・スコア9という進行がんと診断された。放射線療法とホルモン療法の併用を勧められたが、強く希望してホルモン療法のみで様子を見ることになった。経過が良かったので2007年は1年間ホルモン注射も休止したが、その後PSA値の上昇が見られたため、2008年4月からホルモン注射を再開した。

詳しいプロフィールを見る

――男性として何かご自身のイメージとか、その辺のことで。

それはね、全く感じませんね。攻撃的な部分はちゃんと出てきますしね。ゴルフなんかやってても、何かしてても、競争心だとか、もっと遠くへ飛ばそうとか、もっとこうというのは影響全くないですね。はい。
ただ、私スポーツクラブ、毎日のように行ってるんですけどね、今。スポーツクラブで一緒にゴルフやってる仲間でも、何人か私よりあとにね、前立腺がんになって。そして、私は精神的な衰えなんだと思うんですけど、「もうダメだ」的にね、やらなくなっちゃったりね、スポーツクラブにも来なくなったり、とかっていうのがその中に何人かいますね。でも2、3年してまた顔出したりしてる人もいますからね、やっぱり個人差なんじゃないかと思いますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(79) ["name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["slug"]=> string(7) "horumon" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(79) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(27) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(79) ["category_count"]=> int(27) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(57) "内分泌療法(ホルモン療法と精巣摘除術)" ["category_nicename"]=> string(7) "horumon" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る