※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー05

診断時:70歳
インタビュー時:76歳(2008年5月)
首都圏在住。2002年2月、血尿が出たため、がん専門病院を受診したところ、PSA値は300を超えており、グリーソン・スコア9という進行がんと診断された。放射線療法とホルモン療法の併用を勧められたが、強く希望してホルモン療法のみで様子を見ることになった。経過が良かったので2007年は1年間ホルモン注射も休止したが、その後PSA値の上昇が見られたため、2008年4月からホルモン注射を再開した。

詳しいプロフィールを見る

まあ…がんがわかったとき「前立腺がんの検査をしましょう。組織を取ります」というふうに言われたとき、私、これが一番ショックだったんですよね。「ええっ!」って。何がショックかと言いますと、私がやってきた細胞診の仕事の中で、穿刺(せんし)細胞診といって、針を刺してね、臓器に。それで細胞を取って検査すると…もうだいぶ前のことですけれど、前立腺がんの穿刺細胞診って針を刺してやるのを、臨床の先生と一緒に、私が細胞を診る方を担当してやったことがあるんですけど。そのときの患者さんの痛がりようは、本当に普通じゃなかったんです。私が知っていた範囲の中で1、2の痛い検査。「ええっ!前立腺穿刺、組織取るんですか?」「今はそんなことないですよ。ちっとも痛くも痒くもないですよ」。でも私はあのときの、当時の患者さんの痛がりよう。それが信じられないくらいに本当に痛くも痒くもない。チクッとしたときに、子どもがおもちゃの銃を、連発銃を撃つみたいな形で…5回、6回か。6箇所取ったんです、私の場合。だから6回、そういうおもちゃの鉄砲を撃ったようなパチンパチンパチンというような連続音が6回して、痛くもなんともなくて組織を取ることができて、診断を受けられたのは、私本当にびっくりしましてね。あー、こんなに痛くなくなったんだと。でも痛くなくなったというのは前立腺のそれもそうですけど、患者として考えると、今の医療というのは本当に痛くなくなりましたよね、いろいろな検査がね。私の意識の中は古い、もう20年も前のね、前立腺の穿刺の…。まあ、これで組織が取り終えた(のか)というほどの進歩。それにはね。患者になって実際に、自分自身が一番痛い検査だと認識していた検査がね、痛くも痒くもなくて終えられたというのは。本当に医学の進歩に対してね、本当にありがたく感じましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る