※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:70歳
インタビュー時:76歳(2008年5月)

首都圏在住。2002年2月、血尿が出たため、がん専門病院を受診したところ、PSA値は300を超えており、グリーソン・スコア9という進行がんと診断された。放射線療法とホルモン療法の併用を勧められたが、強く希望してホルモン療法のみで様子を見ることになった。経過が良かったので2007年は1年間ホルモン注射も休止したが、その後PSA値の上昇が見られたため、2008年4月からホルモン注射を再開した。

それからあとは、そうですね、食べるもの、それまでの私の日常の習慣、そういうふうなものは何ひとつ変わっていません。相変わらず、もうあの出血があって、なんかして、まあ1ヶ月ぐらい休みましたかね。もう2ヶ月目には同じようにゴルフに行き、スポーツクラブで泳ぎ、やっぱりこれは病人にならなかった、入院しなかったからだと、まあそんなふうに、自分では思っておりますね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧