※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー39

診断時:71歳
インタビュー時:80歳(2008年12月)
首都圏在住。75歳で引退するまで50年余り教職にあった。1999年、定期健診を契機に前立腺がんが判明して、ホルモン療法を開始。PSA値が思うように下がらないことから、前立腺全摘除術を受けたところ、術後、排便・排尿のコントロールがうまく行かなくなり、うつ状態に陥った。当時まだ現役でもあり、これではいけないと40日間山ごもりをして般若心経を唱えることで立ち直ることができた。妻、娘家族との6人暮らし。

詳しいプロフィールを見る

あの、1つ体験で面白いのがあるんですが、座禅だったんですけども。うん、僕はその腰痛があって、50ちょっとのときですけども、腰痛があってね、座禅がこういうふうに組めなくなったんですね。で、日本座っていう、普通の正座でやるようにしたんですが。で、新しいお師匠さんになったときに、これでもって、あ、それは、新しいお師匠さんが、えー、12月の31日から1月の6日まで、奥多摩でやるからということで行ったんですね。だけども、うちで2時間も座ると、もう耐えられなくなるんですよ。そのときは、まだひざが痛んでませんでしたから。まあどうともなれってんで、あの、何とか行かせてもらったんですね。で、やっていたら、あの、痛みっていうのは、で、もう猛烈に痛むわけですね。(一日8時間)で、もう痛んじゃって、まあ吐き気はするし、夜は寝られないし、もう食欲はなくなっちゃうし、もうもう3日、4日でもって、うちへ帰りたくなっちゃったんですけども。
そしたらですね、あのう、禅堂の中でこう座っているんですけども、直日(じきじつ)っていうのは、こうやって棒(警策)持って歩くんですよね。で、歩いて、私の後ろをこう通って、ずっと行くでしょう。と、僕はつらくてしょうがないから、こう足をずらすわけですよ。うん。ところがね、1分たちゃまた、同じように痛いでしょう。うーん、それでもうやめようか、帰ろうかなとか、何とか、そんなことを。誰も止めやしないんだから、帰りゃいいのさ、なんて思ったんです。
ところがですね、ひょっと気が付いたんですねえ。何でね、おまえさんは、その、あの人が、直日がこっち通ったときに足ずらすのよって思ったわけですよ、自分でね。ずるいじゃないかってんで、ずるっこしいじゃないかってね、そんなことをするなら帰っちゃやいいじゃないかって、自分でね、思ったわけですよ。そう思った途端にね、どうとでもなれって思ったんですよ。なので、だから、足切った…、そのおかげでね、足切らなきゃなんなくなったということは、そんなことは、そんな話は聞かないから大丈夫だろうっていうんでね。よし、もう40分間、動かないぞと思って動かなかったんですよ。これも一つの神秘体験かもしれないんだけども。
そしたらですね、動かないでしょう。痛いんですよ。そしたらね、どういうことだか分かんないけど、吐き気が止まったんですよ。それでね、ある線があって、どうしても我慢できないと思ってたんですよ。そしたら、どうとでもなれって思ったらですね、吐き気が止まってね、これは、我慢できるとこに戻っちゃったんですよ。いくらも違わないんだけど、歴然と違うんですよ。で、40分間。そして、僕は前のお師匠さんにもね、「痛みっていうのは抱えるようにして、痛みを抱えて座れ」とか何とか教わったんですね。何を言っているんだろう。何にも分かってなかったんだと思ったんですよ。その、そしたら、大丈夫なんですね。痛みっていうのはね、耐えられないと思うとね、後ろから追っ掛けてきてね、後ろ髪をつかまれちゃうんだけども、どうとでもなれっていうとね、どうってこともないんですね。痛いんですけどね、耐えられるっていうことが分かったんですよ。そうしたら、そら、非常に大きな洞察を引き起こして、私の人生、それまで、50までですね、いっつもごまかして生きてたことに気付いたんですね。うーん、てなこと言ったって、70でうつになるんですよ(笑)。それで、もう本当どうしようもないんですけども。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(92) ["name"]=> string(33) "生きること、命への思い" ["slug"]=> string(6) "inochi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(92) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(26) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(92) ["category_count"]=> int(26) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "生きること、命への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "inochi" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る