※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー39

診断時:71歳
インタビュー時:80歳(2008年12月)
首都圏在住。75歳で引退するまで50年余り教職にあった。1999年、定期健診を契機に前立腺がんが判明して、ホルモン療法を開始。PSA値が思うように下がらないことから、前立腺全摘除術を受けたところ、術後、排便・排尿のコントロールがうまく行かなくなり、うつ状態に陥った。当時まだ現役でもあり、これではいけないと40日間山ごもりをして般若心経を唱えることで立ち直ることができた。妻、娘家族との6人暮らし。

詳しいプロフィールを見る

で、えー、まあその前立腺の手術そのものは大変うまくいきまして、尿管(尿道)、をつなぐとか、それから、まあ回りの括約筋。まあ尿はほとんど失禁状態に初めなりますけれども、もうそれもまあある程度回復してきます。一生懸命訓練をするんですけれども。でも、その精神的な問題はそう簡単ではありませんで。

――ご自身で、そのうつだって気付かれたのはどういう?

うーん、まあ、トイレにじゃんじゃん行くでしょう。行くといらいらするじゃないですか。それは家族にも移りますよね。心配しているところにも持ってきて、こっちがいらいらしているから。あのう、向こうさんの感覚では、あのう、それはつらいかもしれないけども、そういらいらされても。だって、こうやって一緒に食事をするとか、うーん、万事一緒ですから。で、家族から少し離れるっていうことを考えたんですね。明らかにこりゃこっちが変だって自分で思いますし。ただ、私の場合は先ほど、それほど強度ではなかったと。だから、生きててもしょうがないっていうような思いにはならなかったんですね、何とかしたいと。
それから、お祈りっていうのは、ずっとこう座禅っていう形でやっていたんですけども、実際には、できなくなっちゃうんですね。呼吸をきちんと整えて、ずっとやっていこうとするんだけども、呼吸がうまくいかないんですね。深まっていかない。苦しくって座ってられないんですよ。動いちゃうんですね。だから、何かやることはできますけども、座って、ちゃーんとある状況。あれほど、自分がこう「やれた」と確信を持った状態にならないという。これは何だといって、まあうつとでも呼ぶ、不安定な状態。いらだち。それから、他人に対する、顔つきも良くなかったんですよ。鏡を見るとね、あー、何か目が座っちゃっててね(笑)、どう、これ、どうにもならないねとやっぱり思いましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(76) ["name"]=> string(36) "術後の排尿トラブルとケア" ["slug"]=> string(4) "more" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(76) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(35) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(76) ["category_count"]=> int(35) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "術後の排尿トラブルとケア" ["category_nicename"]=> string(4) "more" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る