※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー48

診断時:55歳
インタビュー時:60歳(2009年3月)
中国地方在住で、妻と母、息子の4人暮らし。2000年、激しい痛みと吐き気のため近隣の大学病院の内科を受診、血液検査の結果から泌尿器科を紹介され、がんと診断された。会陰式による前立腺全摘除術を受けた。術後、半年ほどして、背中の激しい痛み(前立腺がんとの因果関係は不明)に襲われ、麻酔科で治療を受けた。痛みは少しずつ和らいできており、前立腺がんの経過観察と合わせて、月に1回の通院で様子を見ている。

詳しいプロフィールを見る

いや、まあ、(自宅に)帰って「こげこげじゃ」って言ったら「ふうーん」っていうような感じでした。「ふーん、大した、そげに、どうっていうことない」っていうような感じで、はあ。楽に思っちょります(笑)。

―― それはあの、ご家族の反応が…。

いや、反応は大したそげに。大したそげ反応が、「前立腺がんが。そりゃ、がんの仕方ねえわ」ぐらいの感じの言い方でしたけんね、どうしょうもないです。本人が、まあ自分が苦しんだぐらいのことで、一晩、ちょっと泣きましたけどね。…そういうことで、まあ、大した、家族でどうっていうこと、そげにね、もう地団駄踏んでみたとこが、それで、どうしょうもないですから。もう、割り切っちょりますさ。はあ。

―― でも、最初にそのがんと言われたときには、やっぱり、そういう意味では、すごくショックで。

うんまあ、ショックはショックでしたよ。まあ、顔で笑って心で泣いていましたわ。泣き顔はね、家族に見せたくないけん。外へ、外へ出て泣いていましたわ。1時間でも2時間でも泣いていましたよ(笑)。家入るのが怖くてね(笑)。今、こうして笑っていますけどね(笑)

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る