※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー48

診断時:55歳
インタビュー時:60歳(2009年3月)
中国地方在住で、妻と母、息子の4人暮らし。2000年、激しい痛みと吐き気のため近隣の大学病院の内科を受診、血液検査の結果から泌尿器科を紹介され、がんと診断された。会陰式による前立腺全摘除術を受けた。術後、半年ほどして、背中の激しい痛み(前立腺がんとの因果関係は不明)に襲われ、麻酔科で治療を受けた。痛みは少しずつ和らいできており、前立腺がんの経過観察と合わせて、月に1回の通院で様子を見ている。

詳しいプロフィールを見る

――ご自身にとっては、PSAの値っていうのは、どういう感じですか。

わたしは、そげに、たいして、あの、気にかけておませんわ。気にしたらね、余計どもねえ、あの、ほかの病気がつくような感じがして、そんな値は気にしません。あの、人はみんな、値、値、値ばっかり言いますが、何でも、糖尿病やなくても、みんな値、値のこと言いますが。わたしはそういうことは、全然気にしません。 はい。

――それは、あの、その何ていうか、この病気にかかる前からも、そういうお気持ちっていうのは、持ってらっしゃったんですか。

ああ、それは、ありましたよ。

――ああ、何か、こうきっかけみたいなのってあったんですか。そういうふうな、お気持ちになられるような。

いいや。大したそげに、そういうその、きっかけちいうか、いらんけ、全然そげね、あの、値に関しては、全くこう、素人みたいなもんで。大した気にしちょりませんわ。何でもですわ。値、あの…人は、何でも値、値って言われますけどね。わたしの場合は、そういうことは、もう全く。もう先生が、まあ、いうべ、えらそげ(※大変そうに)に。もうそれに従うよう手がありませんだけんね。悪うても良うても、値がね。だけん、たいしたそげに。まあそげに、人間ね、あの、生きてから何にきたいらいたか分からんども(※何に鍛えられたか分からないけれど)、明日のことが分からんに、今日、しっかり生きらな良いとされけん、いつも考えで暮らしちょりましたけん、大した、そういうことを、あの詳しくねえ、知る必要もなし、わたしは。そういう考えでおります、はあ。それがまあ、普段からの考えです。わたしの考えです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12120 (17) { ["term_id"]=> int(86) ["name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["slug"]=> string(8) "psahenka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(86) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(86) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["category_nicename"]=> string(8) "psahenka" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る