※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー37

診断時:70歳
インタビュー時:72歳(2008年11月)
東海地方在住で、妻と2人暮らし。トイレが近くなったのをきっかけに受診し、定期的なPSA検査を勧められるが十分な説明がなかったため中断。その後、市の健康診断で値が6.5に上がっていると分かり、生検を受け2006年11月に診断された。手術は絶対に嫌だったのでインターネットで隣県の施設で行っているHIFU(高密度焦点式超音波療法)を探して受け、経過は順調。妻もがんを患い、夫婦で代替療法を取り入れている。

詳しいプロフィールを見る

ただ 、その、手術方法の選択以外にですね、やっぱり、これ代替医療のまあ、西洋医学にも、とにかく、ちゃんと手術してちゃんとやられたのに、毎年、何人かの方が亡くなってみえるですね。ほとんど、がんで亡くなっている方、たくさんありますわね。そういう方に、はたして、その方々が、ほんとうにまあそれでいいよ、仕方ないよって亡くなっていくのか。それとも、まあ、中には、こういういろいろ代替医療をやることはみんなやったんだと。悔いのないそのがんとの闘いで、ま、あのー、満足はないんですけども、やることはやったんだということで亡くなってく、私は、そういうふうに、もし、がんで死んだとすれば、そういうふうにありたいと思っておるんですけども。
たとえば、がんでも、やっぱり、再発の確率がなければ安心していますけれども。私の前立腺のほうでも、まだ、全然ないわけではないし、私自身。家内のは特に、乳がんは特に再発の可能性が高い病気みたいに聞いていますんで。そういう点でも、やっぱりね、あの、ああしてやればよかったこうしてやればよかったと、あの、なっちゃってから、やるよりは、今、例えば、無駄でもいいので、やっぱり…あの、危険があれば、それにできる範囲でやろうというのが、あの…。やっぱり、私としてはまず思うんです。ああ、ああしてやればよかった。お金がちょっと足らんなんで、あの、かえってやれなんだらあかなあとか。あの、まあ、お金全然ないですよ、正直。でも、これ120~130万かかるんですね。この例えば、この病気で、このNK細胞(免疫療法)。これでも、確率、可能性は、あるみたいですね。それでも、あの、この土地売ってでもやってやろうかなとそんなふうなに感じているんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(85) ["name"]=> string(39) "補完代替療法と試験的な医療" ["slug"]=> string(6) "daitai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(85) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(2) "11" ["cat_ID"]=> int(85) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "補完代替療法と試験的な医療" ["category_nicename"]=> string(6) "daitai" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る