※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー37

診断時:70歳
インタビュー時:72歳(2008年11月)
東海地方在住で、妻と2人暮らし。トイレが近くなったのをきっかけに受診し、定期的なPSA検査を勧められるが十分な説明がなかったため中断。その後、市の健康診断で値が6.5に上がっていると分かり、生検を受け2006年11月に診断された。手術は絶対に嫌だったのでインターネットで隣県の施設で行っているHIFU(高密度焦点式超音波療法)を探して受け、経過は順調。妻もがんを患い、夫婦で代替療法を取り入れている。

詳しいプロフィールを見る

そこで、インターネットでほっと目についたのが、どこでどう…発見したか、HIFUというのを知りまして。それから、いろいろ、このやっている病院とかHIFUの方法とか、結構詳しくHIFUの方法は、ネットに載っていますわね。ほいで要は、超音波で焦点を一つに当てて、虫眼鏡の原理で、前立腺の中に、その焦点をあわせて、その部分だけ、100度までいかない、90何度ですかね、それ近くで、しかも、細かく前立腺の中を焼いてしまうと。ただ、前立腺の中にがんがとどまっているのが条件ということで、その点は心配したんですけども。ま、「これだ」ということで、やはり何となく、素人ですけども、がんは熱に弱いということで、90度近くそこに上げて。しかもいって、まあ、そのすぐそばは、そんなに上がらないということで。それでもまあ、いくら上がらないというても、そうそうは、そこの焦点のところが90になれば、その1ミリ隣は50度とか。40…確か50~60度でがんは何か死ぬとかいうような、あれを無意識に何か頭の中に、どっかで読んだ記憶がありまして、これなら多分効くんじゃないかと。それで…ただ、前立腺に外に行っていると、心配だけども、ち言うんですけども。
最終、あの…泌尿器科で診てもらった検査が、PSA6.8だったんですわ。これが手術前の一番、あ、生検前の一番、新しいPSA値やったんですけれども。これなら、10ぐらいは、ち言うようなことも、本にも書いてあったしということで。ある程度は、安心しとったというか、HIFUなら…多分前立腺の中に納まっとるだろうという…。あの、生検やったときの先生は、「ぎりぎりだな」っていうようなことは言ってみえたです。「ひょっとしたら、精嚢のほうに、精嚢に癒着があるかもしれんな」という言葉で言われたですけれども。それが、その外行っている(という)意味なのかは、ちょっと私には理解できなかったですけれども。多分、HIFUでいいんじゃないかなという、恐る恐る、それでも…あの、それでインターネットで調べたら、一番隣の県に、HIFUをやっている病院がありまして、それでそこへ、はじめ電話で問い合わせてみたですかね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(83) ["name"]=> string(19) "HIFUと冷凍療法" ["slug"]=> string(4) "hifu" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(83) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "9" ["cat_ID"]=> int(83) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(19) "HIFUと冷凍療法" ["category_nicename"]=> string(4) "hifu" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る