※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー03

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2008年3月)
2006年4月に検診がきっかけで前立腺がんが見つかった。グリーソン・スコア9と悪性度が高く、全摘除術を勧められたが、勃起神経温存を希望し、他の治療方法を求めて情報を自力でかき集め、最終的には勃起神経温存の全摘除術を受けた。しかし術後PSAが1.1と高く、がんが残っている可能性を指摘され、化学療法とホルモン療法を開始。今後、本格的なホルモン療法を開始するか検討している。妻と小学生の子どもがいる。

詳しいプロフィールを見る

むしろ一番きつかったのは、抗がん剤の副作用があって、倦怠感とか発熱とかも伴ったんで、それがきつかったかな。あと、髪の毛が抜けたのもちょっと困りましたね。

――そのときは何か対処されたんですか?

僕はもう、スキンヘッドでも何でもしたかったんですけども、そんな格好悪いの嫌だったという家族のあれで、かつらを買った…買ってます。

――それは、抜ける前に?

ある程度ね。うん、だいぶちょっと薄くなったかなっていうとき。だからスムーズに移行するっていうのはなかなか難しいんですよね。で、あれはやっぱり、かぶっている状態は、すごくうっとうしくて、どうかなっていう感じですね。

――倦怠感には、何か対処はされてたんですか?

鎮痛薬みたいなのはもらってたりはしましたけども。基本的には、例えばあんまりひどいときは休んで、じっとして。まあよく眠…ってたと思いますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(82) ["name"]=> string(36) "抗がん剤治療(化学療法)" ["slug"]=> string(6) "kagaku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(82) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(8) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "8" ["cat_ID"]=> int(82) ["category_count"]=> int(8) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "抗がん剤治療(化学療法)" ["category_nicename"]=> string(6) "kagaku" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る