※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー03

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2008年3月)
2006年4月に検診がきっかけで前立腺がんが見つかった。グリーソン・スコア9と悪性度が高く、全摘除術を勧められたが、勃起神経温存を希望し、他の治療方法を求めて情報を自力でかき集め、最終的には勃起神経温存の全摘除術を受けた。しかし術後PSAが1.1と高く、がんが残っている可能性を指摘され、化学療法とホルモン療法を開始。今後、本格的なホルモン療法を開始するか検討している。妻と小学生の子どもがいる。

詳しいプロフィールを見る

ある国立大学の先生を紹介してもらっていました。で、まあとにかく行ってしまえと…意見だけでも聞こうと。その先生に治療を受けるってのは、ちょっと考えにくいけど…あんまり遠いんでね。でもまあ、意見は聞くぐらいいいだろうと思って、朝から出かけました。そのときに(別の病院で)セカンド・オピニオン受けようと思って(用意して)いたところの資料を一応、全部持って行きました。で、お昼前にですね、着きまして。資料とか情報…うーん、写真とかはそのときに見てもらったと思いますけども、診察を受けて。そのときにかなり詳しいお話をしてもらいました。今から思えば普通の、基本的な話なんですけども。一番、一つ心配してた(勃起)神経を残せるかどうかいう問題があるんですけど、それは「非常に精妙にやれば、残せるでしょう」と。それから、もう一つは「神経を移植して、もう片方にくっつけるという方法もできますよ」と。で、「放射線も基本的には、(手術と)同じぐらいの成果を上げていますから。それはもう選んだら結構ですよ」と。私の住まいの近くの大きい病院に紹介状書いてもらってもいいですしっていうことで、かなり詳しくいろんな話をしてもらいました。だけどまあ、やっぱり手術が一番確実っていうか…先生はかなり手術を勧めてました。で、最初にかかって検査してもらった先生の、実は先輩でもあって、そういうところも詳しく話をしてくれてですね。結局そのときに「ああ、この先生にお願いしようかな」っていうことを、ほとんど心の中で決めて。で、その先生はね「もし手術であれば、私は全身全霊でやります」と。「A(地元名)へ行ってできたらいいんですけど、設備が慣れてないもんだから、やっぱりこっちのほうが、自分のホームグラウンドでやりやすいんで」っていうふうなことをおっしゃって。「それはもちろんそうですね」と。基本的に。だからその時点でゴロっと変わってですね、手術の日まで一応決めてしまいました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(3) { [0]=> object(WP_Term)#11081 (17) { ["term_id"]=> int(72) ["name"]=> string(24) "病院・医師の選択" ["slug"]=> string(7) "sentaku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(72) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(72) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "病院・医師の選択" ["category_nicename"]=> string(7) "sentaku" ["category_parent"]=> int(8) } [1]=> object(WP_Term)#11079 (17) { ["term_id"]=> int(73) ["name"]=> string(33) "治療法の選択・意志決定" ["slug"]=> string(10) "ishikettei" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(73) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(73) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "治療法の選択・意志決定" ["category_nicename"]=> string(10) "ishikettei" ["category_parent"]=> int(8) } [2]=> object(WP_Term)#11076 (17) { ["term_id"]=> int(77) ["name"]=> string(24) "手術と性機能障害" ["slug"]=> string(2) "ed" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(77) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(77) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "手術と性機能障害" ["category_nicename"]=> string(2) "ed" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る