※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2008年3月)

2006年4月に検診がきっかけで前立腺がんが見つかった。グリーソン・スコア9と悪性度が高く、全摘除術を勧められたが、勃起神経温存を希望し、他の治療方法を求めて情報を自力でかき集め、最終的には勃起神経温存の全摘除術を受けた。しかし術後PSAが1.1と高く、がんが残っている可能性を指摘され、化学療法とホルモン療法を開始。今後、本格的なホルモン療法を開始するか検討している。妻と小学生の子どもがいる。

まあ、ちょっと夢なんですけど、死を笑って迎えられるっていうか。あるいはそれ、そのことを解き明かしたいっていうか、それを、何ていうかな。別に死ぬことを恐れないっていうことをできれば、すごくいいなっていうか。あるいは、そういうことを、うん。まあ非常に難しいことかとは思いますけどね。人類史上、最も傑出したと言われる釈迦ですら、有名な生老病死っていう四つの苦しみを言ったということは、多分、彼も死ぬことは苦しいことだということは知ってたっていうか。
「文藝春秋」がずーっとね、そういうがんで死ぬような人のこととかを特集してましたけども、やっぱりかなりそういう偉い人がいてですね、医学部の先生ですけども。公衆衛生の有名な先生ですけども、何か胃がんか何かって分かって、まあ、それから1年ぐらいで亡くなるんですけど、当たり前…別にそれは、ごく死は当たり前のことだと。誰もが通ることやということで、最後まで淡々と、全力で仕事された。そういう方は結構いらっしゃるんですけどね。なかなかそこまで、残った人生をとにかく使命に燃えて生きれるかっていうと、今ちょっとそこまでいけてなくて、うーん、むしろ自暴自棄になるとこまでいかないにしても、意欲という意味では、うーん、落ちているかなと。限られた時間しかないっていう中でどうしたらいいかっていうのを、ちょっと、うん。悩んでるかなってとこですかね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧