※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー03

診断時:50歳
インタビュー時:52歳(2008年3月)
2006年4月に検診がきっかけで前立腺がんが見つかった。グリーソン・スコア9と悪性度が高く、全摘除術を勧められたが、勃起神経温存を希望し、他の治療方法を求めて情報を自力でかき集め、最終的には勃起神経温存の全摘除術を受けた。しかし術後PSAが1.1と高く、がんが残っている可能性を指摘され、化学療法とホルモン療法を開始。今後、本格的なホルモン療法を開始するか検討している。妻と小学生の子どもがいる。

詳しいプロフィールを見る

――治療受け始めて、体のイメージというか、自分はこういう感じだったのにっていうイメージが変わったりとかありましたか?

そんなにはないですね。うん、ただ、そうですね。やっぱりあまり無理をしてはいけないんだろうなっていうのはありますけども。酒を飲みに行くのは少し控えてるとか、まあでも、たまにはかなり遅くまで飲んだりしますけども。「普通の体でないんだよというのを、もっと認識すべきだ」というふうに言う人もいますし。家族ではそう言うてますけど。そこがまだよく分からない。多分それほど、少なくとも表面的には仕事上も90%以上、普通にしてますから、周りの人は全然そういうのはあまり気が付いてないかなと思いますね。

――じゃあ、大きく変わったっていう感じはあんまり…?

あんまりないですね、はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(82) ["name"]=> string(36) "抗がん剤治療(化学療法)" ["slug"]=> string(6) "kagaku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(82) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(8) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "8" ["cat_ID"]=> int(82) ["category_count"]=> int(8) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "抗がん剤治療(化学療法)" ["category_nicename"]=> string(6) "kagaku" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る