※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:27歳(2019年2月)
障害の内容:重複障害(盲ろう)

学校と専攻:大学:社会福祉学(2011年度入学)、大学院:情報アクセシビリティ(2017年度入学)
関東地方在住の男性。大学入学前は、盲学校、ろう学校等で学んだ。点字や触手話を使う。将来、盲ろう者の役に立つ仕事がしたいと思い、社会福祉を学ぶために大学に入学して、6年かけて卒業した。大学で健常者の人と一緒に学んだことで、大きく世界が広がった。卒業後は、情報アクセシビリティを学ぶために大学院に進学し、現在は寮生活を送っている。

大学でいろいろな経験ができました。家族に話したんですけれども、家族からも大学に行っていろいろな経験をしてほしいと言われていました。その経験の理由も分かるように。分かるような気がします。家族のそういった気持ちも分かるような気がします。
例えば友だちがとても増えたこと、また社会がどういう状況なのかということが理解できるようにもなりました。例えば社会のマナーですとか。習慣。習慣のようなことを友だちなどや先生などに、伝えて、教えてもらうことができました。また、健常者が、の、生活を。どのような生活をしているのかということも知ることができました。例えば、カラオケに行くなど、またゲームセンターに行ったり、そのようなことも実際に体験することができました。そういうようなことを知ることができました。
もし、高校を卒業した後すぐに仕事に就いていたら、なかなかそのようなことは経験できなかったと思っています。ですので、普通の大学に入ることができたのはよかったと思っています。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧