※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:27歳(2019年2月)
障害の内容:重複障害(盲ろう)

学校と専攻:大学:社会福祉学(2011年度入学)、大学院:情報アクセシビリティ(2017年度入学)
関東地方在住の男性。大学入学前は、盲学校、ろう学校等で学んだ。点字や触手話を使う。将来、盲ろう者の役に立つ仕事がしたいと思い、社会福祉を学ぶために大学に入学して、6年かけて卒業した。大学で健常者の人と一緒に学んだことで、大きく世界が広がった。卒業後は、情報アクセシビリティを学ぶために大学院に進学し、現在は寮生活を送っている。

まず、(実習に当たっては)大きな課題があったんですね。僕の場合は社会福祉を選んで大学に入りましたので、その授業のときに、資格を取るための試験、資格を取るための試験を受けるかどうかということがありました。でも、試験を受けるために、演習(実習)が必要ということになりました。最初は試験を受けることを考えていましたので、大学に実習を受けるということで依頼をしました。ですが、大学としては実習ができないというふうに考えました。
例えば、施設で実習をするような場合、利用者の様子が、自分でつかむことが必要になるんですが、例えばその顔つき、表情などを自分で読み取って理解する必要があるんですが、僕の場合は目が見えませんので、また耳も聞こえませんということがあったので、その利用者の方の表情を見ることができないということがありました。まあ、似たような課題もありました。
で、大学側から最初に、東京の、東京盲ろう者支援センターで実習をしたらどうかというような話が持ち掛けられました。支援センター長と相談をしまして、僕の場合は支援センターの、会員でもありましたので、やはり利用者の個人情報などを知るということになりますので、そこで実習を受けるときにはいろんな課題、問題が出てくるという話になりました。で、結果、個人情報という問題があって、そこで実習を受けるということには限度があるというふうな話になりました。
で、実際、(東京盲ろう者支援センターでの実習は)できないことはないんだけれども、他のところで実習を受けたいなというふうにも思いました。僕自身も(他で実習をしたいと)考えていたので、またセンター長も同じようなことを考えていました。できれば他の施設、ところなどで実習を受けたほうがいいだろうという考え方がありました。
それを大学に説明したんですが、大学としては少しそれは難しいだろうというふうに言われました。いろいろ考えました結果として、実習を受けられないということになってしまいました。
資格を取ろうとは思ったんですが、将来に役立つかどうかそれが分からない状況もありました。ですので、実習を受けない、試験を受けないということになりました。
で、資格を取らないということになりましたので、その資格を取らないということで大学を卒業しました。その代わりに大学院に入ろうというふうに決めました。つまり、他の道に進もうというふうに決心しました。ですので、大学で実習など、実技のようなことはほとんど受けないということになりました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧