※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー22

インタビュー時年齢:31歳(2019年6月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)・言語障害
学校と専攻:教養学部(2009年度入学)
首都圏在住の男性。脳性麻痺による肢体不自由で、言語障害がある。介助用車椅子で生活している。子どもの頃は、九州地方で育った。小中は普通学校。高校が通信制で、そこで自分の時間が持てたことが新鮮だったので、大学も通信制を選び、人文学を専攻した。大学では芸術系の科目がとても面白かった。趣味の映画やライブに行くためにヘルパーを探し、そのことがきっかけで、現在は24時間のヘルパーを付けて一人暮らしをしている。

詳しいプロフィールを見る

人文系っていうのもそうですよね。多分、皆さんもそうだと思う。義務教育っていうのは、決められ、決められた、カリキュラム、決められた時間、時間やペースがあります。それというのはやはり、どうしても健常者…、目線で組み立てられているものかなと。特に、最近、うん、普通学校に、通われる障害が、障害がある学生も増えていると思うんですが。その、その周りのために、やはり周りに合わせていかなきゃいけない、遅れたら、いけないっていう気持ちを、気持ちを持っている方が多いと思う。自分もそうでした……。それが当たり前過ぎて、意識しないほどに…、そうでした、そういう思いがあります。
でも、大学っていうのは、あの、自分でやるカリキュラム、自分でやりたいことができて、自分で時間をつくって学んでいく場所だと思います。そういったものにも、障害がある学生にとっては、何か、初めて自分らしさっていうのを見つめ直せる時間になると思います。自分としては、必ずしも4年間っていう時間に縛られず……、自分のやりたいことを、やった、できる期間、時間だと思うので。そういった意味として…、うん…、フレキシブルに考え。考えてほしいなと思います。勉強も、もちろん大切ですが、それ以外の時間で何ができるか、誰と、どういう人と出会ったり。どういう。何をするかを、そういったことが、まあ、大学を卒業した後の人生に大きく…、まあ、影響してくる、作用してくるかなというのを現在は思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12821 (17) { ["term_id"]=> int(27) ["name"]=> string(33) "障害学生へのメッセージ" ["slug"]=> string(7) "message" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(27) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(27) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "障害学生へのメッセージ" ["category_nicename"]=> string(7) "message" ["category_parent"]=> int(24) } }
同じテーマの語りを見る