※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー22

インタビュー時年齢:31歳(2019年6月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)・言語障害
学校と専攻:教養学部(2009年度入学)
首都圏在住の男性。脳性麻痺による肢体不自由で、言語障害がある。介助用車椅子で生活している。子どもの頃は、九州地方で育った。小中は普通学校。高校が通信制で、そこで自分の時間が持てたことが新鮮だったので、大学も通信制を選び、人文学を専攻した。大学では芸術系の科目がとても面白かった。趣味の映画やライブに行くためにヘルパーを探し、そのことがきっかけで、現在は24時間のヘルパーを付けて一人暮らしをしている。

詳しいプロフィールを見る

高校受験ときに受けた、受験した、高校に入学拒否を受けてしまって。
で、まあ、それは…、学校の設備的な問題も理由で、拒否されてしまったんですね…。で、その時点で、まあ、学校、中学が、ちょっと、これは、おかしいっていうふうにね、ちょっとこのままじゃいけないねっていう感じで、まあ、何らかのかたちで訴えようっていうふうになったんです。
自分、当時、当時の自分としては、小学校、中学校は、毎日通っていて、通うっていうことでいっぱいっていうか、通って勉強する、勉強するっていうこと自体に、もう精いっぱいだったっていうことがあって、で、その中で急に入学拒否を受けてしまったんで、まあもう、なんか、緊張の糸が切れた、切れたっていうか、あーあっていう、感覚に陥って、ああ。
それで、これ(入学拒否)はおかしいなと思ったんですが、当時は、あの、それに対して、何らかのかたちで訴えるっていう、アクションには、つながらなかったですね。

(その後の選択肢については、)いろいろな選択肢はあったと思うんですが、で、まあ、自分が選んだのは、通信制の高校でした。

――分かりました。通信制の高校は、えーと、何年間ですか?

えーと、さん、3年間。

――分かりました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12822 (17) { ["term_id"]=> int(12) ["name"]=> string(12) "大学選び" ["slug"]=> string(5) "erabi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(12) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(12) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(12) "大学選び" ["category_nicename"]=> string(5) "erabi" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る