※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー19

インタビュー時年齢:29歳(2019年5月)
障害の内容:聴覚障害(難聴)
学校と専攻:大学・人間科学部(2008年度入学)
首都圏在住の女性。小学校2年生で難聴と診断された。高校までは九州地方で、両親と妹二人の5人家族で育った。大学入学を機に上京し、初めて聞こえない人と交流して手話を覚えた。大学ではライフセービングに熱中した。大学卒業後、専門学校で言語聴覚士の資格を取り、現在は大学で障害学生支援の仕事をしている。夫と息子と3人暮らし。

詳しいプロフィールを見る

う ーん。でも私、誤解の塊だと思ってて。本当、私を見ると本当に聴覚障害のイメージがもう、何か大きく変わってしまうので。まあ、それはいいことでもあるし、やっぱり、悪い、悪いなっていうか、いや、そうじゃないんだよってやっぱり言いたいところもあるし。 で、同じ障害学生、聞こえない学生の中でも、やっぱり「○(自分の名前)さんは聞こえるし、話せるし、だから・・・」、みたいな感じで、まあ、見られることもあるし。

でも、やっぱり困り感には通ずるものもあるし、本当に何か聴覚障害っていうカテゴリーでくくるられる体よりは、やっぱ個人として見てほしいなっていうのはすごくあって。私も私で困ることはいっぱいあるし、で、そういうのはきちんと言っていかなきゃいけないので…、なんで個として見てほしいというのと、やっぱり必要な、あの、ニーズっていうのはその人それぞれで違うし、必要なサポートも違うんだなっていうことをやっぱり分かってもらいたいなと思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14056 (17) { ["term_id"]=> int(28) ["name"]=> string(27) "大学や社会への要望" ["slug"]=> string(7) "request" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(28) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(28) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "大学や社会への要望" ["category_nicename"]=> string(7) "request" ["category_parent"]=> int(24) } }
同じテーマの語りを見る