※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー02

インタビュー時年齢:25歳(2018年12月)
障害の内容:聴覚障害(ろう)
学校と専攻:大学・看護学(2011年度入学)、大学院(2015年度入学)
関東地方在住の女性。生まれつきのろうで、両親もろうの家に育った。中学2年生の時に看護師になりたいと思い、看護大学に進学した。大学では、ノートテイクや手話通訳のサポートを得ながら講義や演習、実習をこなし、看護師の国家資格を得た。その後大学院に進学し、ろうの利用者が集まる施設で看護職として働いたり、ろう団体から依頼されて講演活動などをしている。

詳しいプロフィールを見る

まあ、全部の大学には、前もって自分はろう者ですということを伝えてありました。ので、いろいろ支援をしてもらったんですが、面接のときは、分かりやすく口を動きをはっきりしてください、分からなかったら言うので繰り返し説明をしてくださいということをお伝えしました……。
実際に先生たちもとても気を使っていただいてゆっくり話していただいたり、口もはっきり動かしてもらったのでスムーズに話を、会話ができたことを覚えています。

――じゃあ、こうやり取りで特に、その聞こえないことで困るっていうことは、試験においてはそんなになかった?

そうですね…。
筆記試験のときには、まあ、試験官のお話も全て紙に書いて準備してくださっていて、面接のときの質問の内容は、何か難しいですよね、とても自分では不安があったんですが、先生たちもとても親切にゆっくり話していただけたので困るっていうことはあんまりなかったかなと思っています…。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12821 (17) { ["term_id"]=> int(9) ["name"]=> string(24) "入試の準備と実際" ["slug"]=> string(6) "nyushi" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(9) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(9) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "入試の準備と実際" ["category_nicename"]=> string(6) "nyushi" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る