※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:30歳(2019年9月)
障害の内容:内部障害(クローン病)
学校と専攻:大学・看護(2008年度入学)、大学院・看護(2018年度入学)

関西地方在住の男性。16歳でクローン病と診断された。自分が入院した病院で看護師をしたいと思って看護学部に進学し、在学中は体調管理に注意しながら周囲と同じように学生生活を送った。卒後は希望通り自分が入院していた病棟に就職をして、6年間働いた後、慢性疾患看護専門看護師(CNS)の資格が取れる大学院に進学した。現在、大学院2年目に在籍中。

病気自体は、もう最初から、あの願書にも備考欄にクローン病でということは書いていて、それを隠して進学するっていうつもりは全くなかったですし、それで落とされるんだったら、そこの大学には行かないっていうような感じで。
今は、今だったら(診断されてから)15年たって、ある程度病気である自分っていうのは確立していると思うんですけど、(大学入試の)その頃は、まあ、まだそこが一致していないところもあったんで、そこ(入学した大学)で、病気を持ちながらも、それはそれとして、自分は自分として進んでいけたのは、その先にもつながっているのかなとは思ったりしますね…。あと、何かありますかね。

――じゃあ、そのときにその、ご自身にはもう願書の所に、もうしっかり書いて、で、そのことを、例えば入試の面接で聞かれたりとか、そういうことはありましたか?

面接がなかったので、もう何も、そのまま合格っていう通知がきて、ですね。何か、その受験して、合格してっていう流れの中に病気は全然関係なく…、受けたっていうのはありますね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧