※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:30歳(2019年9月)
障害の内容:内部障害(クローン病)
学校と専攻:大学・看護(2008年度入学)、大学院・看護(2018年度入学)

関西地方在住の男性。16歳でクローン病と診断された。自分が入院した病院で看護師をしたいと思って看護学部に進学し、在学中は体調管理に注意しながら周囲と同じように学生生活を送った。卒後は希望通り自分が入院していた病棟に就職をして、6年間働いた後、慢性疾患看護専門看護師(CNS)の資格が取れる大学院に進学した。現在、大学院2年目に在籍中。

一応入学して、その担当の先生にはこういう病気です、自分も病気になったので看護師目指したいなと思ったっていう話もしましたし。高校生の頃の生活で、まあ、1回体調は崩しましたけど、その後はずっといいので、今はもう体調良く過ごしていってるし、管理自体は自分でしますと。2カ月に1回点滴の治療をしてたので、そのときだけ、まあ、学校をちょっと早退したりとかっていうことはあると思うんですけど、それ以外は全て他の人と同じようにしますっていうふうには伝えてました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧