※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー30

インタビュー時年齢:30歳(2019年9月)
障害の内容:内部障害(クローン病)
学校と専攻:大学・看護(2008年度入学)、大学院・看護(2018年度入学)
関西地方在住の男性。16歳でクローン病と診断された。自分が入院した病院で看護師をしたいと思って看護学部に進学し、在学中は体調管理に注意しながら周囲と同じように学生生活を送った。卒後は希望通り自分が入院していた病棟に就職をして、6年間働いた後、慢性疾患看護専門看護師(CNS)の資格が取れる大学院に進学した。現在、大学院2年目に在籍中。

詳しいプロフィールを見る

――アルバイトは、どんなことをされていらしたんですか?

鍋、鍋料理屋さんでバイトをしてて。幾つかやってたんですけど、もう2年生の春ぐらいにその鍋料理屋さんのバイトを始めて、そこから卒業するまでずっと続けてたんですけど…。
 でも、そこの店長さんには病気です、そのクローン病ですっていう内容は詳しくは説明していなくて。もう、そこまで体調が良かったんで言わなくても多分いけるだろうなっていうのと、あとお肉を扱う鍋料理屋さんだったので、自分がそういう病気を…、(肉をあまり)食べないほうがいいっていうのを伝えると、ちょっと気を使われるかなっていうのがあったので、で、他のバイトの人たちと賄(まかな)いも一緒に食べますし、お肉も食べるけど、体調さえ良ければいいかなっていうので。

――体調がいい時にお肉を食べても、そんなに大きく崩すっていう感じではないんですか?

そうです。1日食べたぐらいで悪くなるんだったら、もう何をしてても悪くなるだろうなっていう僕の中の理解…、だったので…、何て言うんですかね、その、バケツの中に水があふれないように、うまいこと調整すれば体調は良く過ごしていけるのかなっていうのがあったんで、そこの調整だけをして食べるときは食べるし、食べないときは食べないっていう。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#14058 (17) { ["term_id"]=> int(19) ["name"]=> string(30) "アルバイトなどの活動" ["slug"]=> string(5) "baito" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(19) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(18) ["count"]=> int(10) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(19) ["category_count"]=> int(10) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "アルバイトなどの活動" ["category_nicename"]=> string(5) "baito" ["category_parent"]=> int(18) } }
同じテーマの語りを見る