※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:22歳(2019年7月)
障害の内容:肢体不自由(脳性麻痺)
学校と専攻:大学・人間福祉学科(2015年度入学)

九州地方在住の男性。脳性麻痺による肢体不自由で、外では電動車椅子、自宅では手動車椅子で生活している。大学で社会福祉系の学部へ進学したが、大学側からの配慮が十分でなく、授業や実習、学生生活においてとても苦労した。だが、周囲の友人の大きな支えがあって卒業できたのは、とてもありがたかった。現在は社会福祉士の国家試験を目指して、勉強中。

えっと、私が大学はいると決めたのが、高校3年生に上がったばっかりの4月のタイミングで、それまではまったく、大学入ろうとか考えておらず、ちょうどその頃に、入ろうと思ったきっかけになったのが、日常生活で利用しているお風呂のヘルパーさんが、制度のことをいろいろしゃべってくれるんですけれど、あの、そこで、いろいろ分からない点がたくさんありまして、これからのことを考えた時に、制度のことを知らないって、まずいんじゃないかなーって、自分がこういうサービスがほしいってなった時に、あの、市役所の人にとか、行政の人に依頼しに行った時に、うまく丸め込まれるじゃないけど、そういう感じで負けちゃうんじゃないかなーって。
このままじゃ親がいなくなった後に、まともな生活送れるんだろうかと思ったときに、少しでもいいから、なんだろう、制度のことを、知っといたほうが、自分の身、身のためにもなるんじゃないかなっていうのがひとつきっかけで、

そのときに、うーん、高校生の頭ですから、もうほんとに法律のことなんて言われてもちんぷんかんぷんで…、もう毎日話されるけども、訳分かんなくて…、で、そのときにもうちの両親がもう父は還暦近い時期で、もう母も50代入ってるっていうことで、ふと考えたときにどうしよう、これ…。
父親…、あと二十数年もしくは30年…、もしくは、それ以前かもしれない。いついなくなるかも分からないから、親もそういう年齢ですから、もうそれを考えたときに…、やばい。このままだとなんか私、なんかほんとに大げさかもしれないですけども、なんか…、つぶされるっていうか。
なんかこういうサービスを利用して、サービスを利用していく中で支援される側に、言い方あれですけど、少しいいようにされてしまっていて、つぶされちゃうんじゃないかっていう感覚を得まして、そのときに・・・。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧