インタビュー内容テキスト

そしたら、そのときの先生が、もう内視鏡検査を、内視鏡を入れた…すぐに、もう、これ以上、内視鏡が奥へ入らない。あのー、画面を見ると、まあ、自分では分からないんですけれども、肉の塊が一面にあって、その、ほんの鉛筆の穴ぐらいのすきましかないもんで。もう、先生は、これ以上何かあったらここの医院では対応できないから、あのー、自分の出身校、東京の大学病院へ行って診察を受けたほうがいいっていうことで、あのー、その場で紹介状を書いてもらったんです。
まあ、すぐにそれを持って帰って、あのー、次の日その大学病院へ行きまして、あのー、早速、検査を始めました。やっぱし、大腸がんという診察を、診断を受けました。これは、もう、結構、大きいもんで、「ステージ5」って言われました。まあ、…そういう診断を受けてから、あのー、入院するまでの間、1週間通院つうかたちでいろんな検査を受けたんです。ま、自分は、その1週間が地獄でしたね。もう、夜布団入ると、涙が出てきたし。

*大腸がんの「ステージ」(病期)は0から4の5段階に分けられますが、ここでは病理検査の結果の「グレード」(細胞の悪性度)のことを指していると思われます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言