※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:60歳
インタビュー時:68歳(2012年10月)

首都圏在住。そば店を経営しており、地域の検診と組合の検診のふたつを受けてきた。結果は陽性の時もあれば陰性の時もあった。若い頃から痔を持っていたので、陽性の時は痔のせいだと思ってきた。ある時、市販の薬を使っても出血がとまらず、内視鏡検査を受けたところ非常に大きながんがみつかった。出血以外自覚症状は全くなかったので驚いたが、幸い転移はなかった。術後5年たって「卒業」のお墨付きをもらったが、心配なのでずっと診てもらいたいと思っている。

―― あのー、まあ、痔で、痔と大腸がんはすごく、こう、隣あわせでね、分かりにくいっていうお話だったんですけれども、痔のほかに、何だか調子悪かったかなっていうことがありますか。

ないです。あのー、一切、食欲はあるし、体重は減らないし、痛みもないし、だからがんだとは思わなかったの。…仕事していても、別に差し支えない。体調はすこぶるよかったです。その、あんな大きながんがおなかん中あるのに、なぜそんなに食欲はあるし痩せないし。不思議ですよね。だから、僕はがんだとはついと思わなかったですね……。

―― おなかがはるとかそういうこと。

おなかもはらなかったし。

―― 快便で。

うん、あのー、便が細くなるっていうんですね。大腸がんの人はがんが、あのー、つまると。普通の便が出ていたんです。おかしいんですよね。あのー、でも、現実には、ものすごくでっかながんがあったんです。だから、その最初の内視鏡入れるまで、がんだっていうことは一切思わなかったです。

―― ということは、これもうほとんど自覚症状は。

ないです。あのー、血便だけです。…痛みのない血便ですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧