※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:60歳
インタビュー時:68歳(2012年10月)

首都圏在住。そば店を経営しており、地域の検診と組合の検診のふたつを受けてきた。結果は陽性の時もあれば陰性の時もあった。若い頃から痔を持っていたので、陽性の時は痔のせいだと思ってきた。ある時、市販の薬を使っても出血がとまらず、内視鏡検査を受けたところ非常に大きながんがみつかった。出血以外自覚症状は全くなかったので驚いたが、幸い転移はなかった。術後5年たって「卒業」のお墨付きをもらったが、心配なのでずっと診てもらいたいと思っている。

まあ、すぐに、あのー、これは、手術、開腹手術して患部を除去したほうがいいつうことで、まあ、手術しました。あのー、手術時間は、大体4時間ぐらいかかったんですかね。あのー、取ったものは、うちの女房が見たんですけども、僕は見ていないんですけども、かなり大きかった。まあ、切断、大腸を切断して、それぞれの悪いところを取って…縫合して、今は、なんともないわけなんです。あのー、手術してからですね、あのー、20日間入院しました。…まあ、手術期間は、もう、大体、4~5日すると痛みもなくなってきて、体は楽になったんですけども、まあ、抜糸してから…、またおなか裂けちゃったんですね、縫ったところが。それをまた縫合、再縫合して。
で、退院してから、10日後ぐらいして…、その先生のところへ、また見せに行ったんです。そのときに、その担当の先生が、あのー、「転移していない」って言われたんです。…あのー、それが1番大事だったんですね。転移していたら、もう放射線治療とか、あのー、そのほか、がんに対する治療が始まるんですね。もう、地獄が待っているわけなんです。僕は、「転移していない」って言われたので、そこで一応完治つうことで…、あのー、がんに対しては、うまい具合に済んだんですね。でも、まあ、3カ月ごとに、あのー、また再発するかもしれないので、CT撮ったり、超音波とったり、血液検査したり、また1年に1ぺん内視鏡検査したり、そういった期間が5年間続いたんです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧