※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:60歳
インタビュー時:68歳(2012年10月)

首都圏在住。そば店を経営しており、地域の検診と組合の検診のふたつを受けてきた。結果は陽性の時もあれば陰性の時もあった。若い頃から痔を持っていたので、陽性の時は痔のせいだと思ってきた。ある時、市販の薬を使っても出血がとまらず、内視鏡検査を受けたところ非常に大きながんがみつかった。出血以外自覚症状は全くなかったので驚いたが、幸い転移はなかった。術後5年たって「卒業」のお墨付きをもらったが、心配なのでずっと診てもらいたいと思っている。

―― それは、あのー、麻酔とかかけますか、ではなくて。麻酔なしでも。

麻酔、だって、ない、大腸内視鏡検査、麻酔しないでしょう。

―― あの、する病院もあります。

いや、しないです、僕は、1ぺんもしたことない。

―― 麻酔なしでした。

はあ。でも、最初だけなんですよ、あのー、内視鏡入れるときだけ、ちょっと、あのー、気まずい気分なのは。あと、入れちゃえば、先生によってですね、上手な先生と、やっぱし、まだ、先生、そのー、内視鏡、大腸肛門科になりたての、まあ、僕、大学病院ですから、研修医さんたまに当たるんですよ。そうすると痛いですね。あの、小腸まで入れるんですけどね、まあ、曲がり角、曲がり角で、痛いです。ベテラン先生だと、なんども痛くないです。まあ、幸い、その研修医さんみたいな、まだ経験の浅い人にやってもらったのが、そんなに数はないんです。1回か2回ぐらい。……大体、経験豊富な先生に診てもらってて、そんなに苦しみはないですね、僕はね。だから、それやって、まあ、あんな、ま、「多分、ポリープあるだろうな」って言って、ポリープ1個2個取っても、まあ、生活は別に何も…支障がないですからね、その場でポリープ取って。入院するわけでないし。取ってから30分、1時間は、食べ物は摂らないけども、あとは何食べてもいいし。だから、内視鏡検査したほうがずうっと楽です、精神的に……。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧