インタビュー内容テキスト

家族や友達の反応のなかには、予想しなかったようなものもありました。看護師をしているほうの姉は、臨床経験があるからとても強いだろうと思っていましたが、実際はとてもうろたえてしまいました。涙もろくなって、すぐ泣いてしまうんです。もうひとりの姉はもっとしっかりしていました、すくなくとも見た目には。一人になったときはどうだったかわかりませんが。
父は、私ががんになったという事実をとても話題にしにくかったようで、当時そのことで私もつらい思いをしましたが、病気への反応は人それぞれなんです。それぞれの対処のしかたがあるわけで、私たちはそういうことも受け止めないといけません――つまり、病気との向き合い方は人によって違うもので、あなたに対してのふるまいは、もしかするとその人の本当に言いたいこととは違うのかもしれないということです。彼らは、あなたのために、病気と対峙し、できるかぎりのサポートを与えてようとしてくれているのです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言