診断時:30歳
インタビュー時:34歳

1997年に乳がんと診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法。

語りの内容(テキストのみ)

その団体はThe Young Onesという団体で、レイチェル・ファロンによって2000年10月に設立されました。悲しいことに彼女は炎症性乳がんが再発して亡くなってしまいました。
月1回会合があり、お茶を飲んでおしゃべりをします。ときどき講演会や催しを開いたりします。団体の運営資金をまかなうために、寄付金を集めたりもします。催しは、資金調達のためだけでなく、私たちのような支援団体があることを知ってもらうためでもあります。地域には、私たちと一緒に活動している別の乳がん女性支援グループもあります。
この団体には、家族や友達や子供を連れてきても良いんです。じっさい時々メンバーの友人がきます。おなじくらいの世代、というだけでも共有できるものがあると思うんです。年代によって経験も違ってきます。話したいことがらも違ってくるでしょう。私自身が語ったように、結婚生活にどう影響するかとか、子供への影響はどうか、などです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧