診断時:30歳
インタビュー時:34歳

1997年に乳がんと診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法。

語りの内容(テキストのみ)

家族や友達の反応のなかには、予想しなかったようなものもありました。看護師をしているほうの姉は、臨床経験があるからとても強いだろうと思っていましたが、実際はとてもうろたえてしまいました。涙もろくなって、すぐ泣いてしまうんです。もうひとりの姉はもっとしっかりしていました、すくなくとも見た目には。一人になったときはどうだったかわかりませんが。
父は、私ががんになったという事実をとても話題にしにくかったようで、当時そのことで私もつらい思いをしましたが、病気への反応は人それぞれなんです。それぞれの対処のしかたがあるわけで、私たちはそういうことも受け止めないといけません――つまり、病気との向き合い方は人によって違うもので、あなたに対してのふるまいは、もしかするとその人の本当に言いたいこととは違うのかもしれないということです。彼らは、あなたのために、病気と対峙し、できるかぎりのサポートを与えてようとしてくれているのです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧