診断時:30歳
インタビュー時:34歳

1997年に乳がんと診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法。

語りの内容(テキストのみ)

どうしても、とにかくガンを取り去って欲しい、ということが最大の関心事になるので、“外見はどうなるんだろう?”ということまではなかなかうまく考えられないものですが、私自身は、結婚して強い絆を得ていたので、そんなにうろたえることはありませんでした。夫が、「あとで外見がどんなふうになっても僕は気にしない。君は君だよ」と言ってくれたんです。そして傷が治ったとき、傷跡にキスしてくれました。そのことで私は、本当に本当に救われました。
けれども、男性のほうにとっても、あなたを安心させよう、“あなたはあなた”だと言ってあげようと思えば思うほど、それは難しいことなのだと思います。彼らもまた、私たちと一緒に乳がんを経験しているからです。彼ら自身は患者でなくても、彼らもうろたえていて、あなたを安心させようとして、あなたのために強くなろうとしているのです。
私は、夫との関係がより強くなったと思います。彼は本当に思いやりのあるひとで、治療のあいだずっと本当によくしてくれましたし、それにいつもとびきりのユーモアセンスを持ちつづけていました。たとえば、治療の説明を受けているときに、夫は看護師さんに、「術後、泳ぐことはできますか?」とたずねました。彼女が「ええ、もちろん、できないわけはありませんよ。」と言うと、夫は、「それはすばらしい。今、彼女、泳げないんですよ」と。何事においてもユーモアというのは大事ですよね。闘病のあいだもお互いに笑顔をわすれず、ときには病気のことも笑い飛ばせるなら、“笑いは百薬の長”というのは本当ですよね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧