インタビュー内容テキスト

僕は、男性として、あの、乳がんというものは、みたいなもんは男性にはかからんと思っていました。ですから、乳がんを発見される10年ほど前から小さいしこりがありました。あの、乳頭(にゅうとう)に。で、その乳頭が、一番初めは、1円玉ぐらい、それ、だんだん大きくなって、5円、最後、50円ぐらいなりましたとき、10年かかりました。10年かかりましたら、その乳頭が、初め、乳頭とそれからその、あの、がん細胞ですね。僕は、あの、どうゆんですか、何かほかのもんと思うておりましたけどね、それが付いてきて凹みましたんで。
で、まあ、会社、産業医がありますんで、あの、もういい加減に、あの、専門家に診てもらえということで、あの、会社の病院へ行きましたら、ちょうど、がんセンターから来られた副院長が、あの、転任されて来ておりまして、診てもらいましたら、「それは、もう乳がんや」と。というのは、何でわかったかというと、あの、しこりがありましたんで、僕は、脂肪の塊と思っておりましたが、で、組織をとって検査しますと、悪性腫瘍であると、ようは乳がんであると。僕は、未だにわからんのは、男性の乳がんって何であんのんかと思っております。だけど、2万人に1人ぐらいはおるんやということで、あの、発見しました。
そやから、あの、その乳がんと気づく以前、10年ほど前から、あの、そういうものがだんだんこう大きくなってきて脂肪の塊みたい、え、硬い、硬いなあと思って、自分で触っていましたが、それが、10年ぐらい経ちますと、やっぱり、こりゃ、もう、ひっついてきて、あの、乳首が中へ凹むようになりました。乳頭がね。だから、これはおかしいということで行きました。即、入院で、即、手術しました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言