※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:56歳
インタビュー時:79歳(2008年12月)

近畿地方在住。1986年に右乳がんの診断で、乳房切除術とリンパ節郭清術を受けた。男が乳がんということでとても驚いたという。2001年以降、右頸部や右肋骨などへ転移・再発があり、さまざまな治療を受けてきた。 当時は母と妻と息子2人の5人暮らしで営業管理職。現在は妻と2人暮らしで無職。

僕は、男性として、あの、乳がんというものは、みたいなもんは男性にはかからんと思っていました。ですから、乳がんを発見される10年ほど前から小さいしこりがありました。あの、乳頭(にゅうとう)に。で、その乳頭が、一番初めは、1円玉ぐらい、それ、だんだん大きくなって、5円、最後、50円ぐらいなりましたとき、10年かかりました。10年かかりましたら、その乳頭が、初め、乳頭とそれからその、あの、がん細胞ですね。僕は、あの、どうゆんですか、何かほかのもんと思うておりましたけどね、それが付いてきて凹みましたんで。
で、まあ、会社、産業医がありますんで、あの、もういい加減に、あの、専門家に診てもらえということで、あの、会社の病院へ行きましたら、ちょうど、がんセンターから来られた副院長が、あの、転任されて来ておりまして、診てもらいましたら、「それは、もう乳がんや」と。というのは、何でわかったかというと、あの、しこりがありましたんで、僕は、脂肪の塊と思っておりましたが、で、組織をとって検査しますと、悪性腫瘍であると、ようは乳がんであると。僕は、未だにわからんのは、男性の乳がんって何であんのんかと思っております。だけど、2万人に1人ぐらいはおるんやということで、あの、発見しました。
そやから、あの、その乳がんと気づく以前、10年ほど前から、あの、そういうものがだんだんこう大きくなってきて脂肪の塊みたい、え、硬い、硬いなあと思って、自分で触っていましたが、それが、10年ぐらい経ちますと、やっぱり、こりゃ、もう、ひっついてきて、あの、乳首が中へ凹むようになりました。乳頭がね。だから、これはおかしいということで行きました。即、入院で、即、手術しました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧